赤ちゃんは抱っこされるのが大好きです。

新生児の赤ちゃんはママもパパも楽々抱っこできますが、少しでも大きくなると抱っこするもの一苦労。

抱っこ紐があると抱っこが楽になり、手が自由になるので便利です。

新生児から?首がすわってから?

各ブランドの抱っこ紐は「新生児から使えるタイプ」と「首がすわってから使えるタイプ」があります。

新生児から使えるタイプ

新生児は首がすわっていないため、横抱っこにしたり、たて抱っこで首の部分のサポートが必要です。

抱っこ紐の仕組みが少し複雑になるため、「首がすわってから使えるタイプ」と比較すると価格が高くなります。

「少し高くても新生児から使えるタイプがいい」というママやパパにオススメです。

首がすわってから使えるタイプ

新生児で必要な部分を削ることができるため、仕組みがシンプルになったり、首がすわってからのスタイルが増えます。
「新生児から使えるタイプ」と比較すると価格も安くなります。

「首がすわるまでは外出が少ないから、その間は自分で抱っこする」というママやパパにオススメです。
 

首がすわる前の抱っこ紐

3か月ぐらいは赤ちゃんの首がすわらないため、その間の抱っこ紐について考える必要があります。

首がすわってからの抱っこスタイルは「たて抱っこ」が一番多くなりますが、首がすわる前に「たて抱っこでいいのか?」という議論があります。

首がすわる前の横抱っこ

首がすわっていない赤ちゃんを抱っこ紐を使わずに抱っこするとき、赤ちゃんの首をママやパパの腕や手のひらに乗せて抱っこしますよね。なぜなら赤ちゃんの首を支えていないと、首がダラーンとなってしまうからです。

ミルクを飲ませた後のゲップをさせる姿勢では、赤ちゃんの首をママやパパの肩に乗せますが、一時的なことです。

これらのことを考えますと、抱っこ紐を使うときでも赤ちゃんを横抱っこするのが自然です。

横抱っこの問題点

横抱っこはママやパパが立っているだけの状態なら手で支えなくても大丈夫ですが、ちょっとでもママやパパが動くと赤ちゃんを手で支える必要があります。

「赤ちゃんを抱っこしたまま両手を使いたい」という場合は思うように両手が使えなくなります。

首がすわる前のたて抱っこ

たて抱っこは赤ちゃんの首が心配になりますが、ママやパパの両手が使えますので買い物や家事をするときに便利です。

横抱っこを採用していないブランドでは「新生児でもたて抱っこをしても問題ない」と謳っています。

「首がすわる前の赤ちゃんはが縦の姿勢を続けると成長に支障をきたしたり、赤ちゃんにとってよくない(新生児パッドなどのサポートを使っても)」という否定的な意見や「よく吐いてしまう赤ちゃんは縦抱きの方が向いている」という肯定的な意見もあります。

たて抱っこの問題点

メーカーが大丈夫と言っても、赤ちゃんの首が心配です。