妊娠がわかると喜びと同時に金銭的な不安を感じる人も多いです。全てではありませんが、市区町村から妊娠健診費が支給されます。

一般的な妊婦健診の費用を受け取る手続き、名古屋市を例にしてお伝えします。

妊娠健診にかかる費用

妊娠健診にかかる費用は健康保険が適用されませんので、1回あたりの健診に3,000円~1万円ぐらいを自己負担しなければいけません(通常、健康保険が適用されると3割負担、適用されないと10割負担です)

健診を15回ぐらいすると考えたら、かなりの負担になりますが、経済的負担を減らすため、公費から助成されます。

住民票を確認

助成は妊婦さんの住民票がある市区町村が対象になります。

結婚して婚姻届を自治体に提出していても、住民票は以前住んでいた市区町村のままということもありますので、助成制度を申請したい自治体や今住んでいる場所の自治体に住民票があるか確認してください。

助成される妊娠健診費

基本的に14回の補助があり、助成される金額は市区町村によって異なり、初回が少し多く8,000円ぐらい、2回目以降は5,000円ぐらいです。

中には1回の助成が1万円を超えるところもあります。

助成内容や金額は自治体によって異なりますので、妊婦さんの住民票がある自治体に問い合わせてみましょう。
 

自己負担がゼロになる訳じゃない

「妊娠したかな?」と思ってから産婦人科に行くと初回は自己負担になります。

2回目以降でも、血液検査や超音波検査など金額が大きくなる検査のときは助成される金額では足りないため、自己負担になることがあります。

基本的には「毎回の診察で数千円は支払う」という考えでいた方がいいです。
 

妊婦健診の費用の受け取り方や流れ

ここでは、一般的な妊婦健診の費用の受け取り方や流れをお伝えします。

1.妊娠がわかる

まずは自分で妊娠検査薬を使ってチェック。

2.産婦人科へ行く

分娩する産婦人科を決めるわけではないので、行きやすいところでOKです。産婦人科の評判を友達から聞いたり、インターネットで情報収集できる人は、気になる産婦人科に行ってください。

3.妊娠がわかる

産婦人科で検査をしてもらって妊娠がわかったらすぐに「4」以降の手続きをしましょう。手続きをしない状態で2回目の健診に行くと健診費を自己負担することになります。

4.自治体に妊娠届を提出

住んでいる(住民票がある)市区町村の窓口に妊娠届を提出した後、母子手帳と妊娠健診費助成の受診票がもらえます。

5.受診票の記入

産婦人科で健診する前に必要事項を記入しておきましょう。

6.産婦人科に持参

産婦人科に行くときに受診票と母子手帳を忘れずに持っていきましょう。

7.助成不足分を支払う

健診後の会計で、助成金額でカバーできない分を現金で支払います。会計まで金額がわからないことが多いため、念のため多めに現金を持っていきましょう。

名古屋市の手続きの流れ

nanaが住んでいる名古屋を例に「妊婦健診費の助成」についての手続きの流れをご紹介します。

1.妊娠届を保健所に提出

基本的には産院でもらった「妊娠届出書」を持参する必要がありますが、妊娠届出書がなくても保健所で記入することもできます。

2.母子手帳をもらう

「妊娠、出産、育児の一貫した健康記録として活用する」とのことです。

3.妊婦健康診査受診票綴りをもらう

この中に「妊婦健康診査受診票」がありますので、産院で提示してください。

公費負担(名古屋市)について

名古屋市から助成される公費の詳細です。

公費負担回数

全14回

公費負担額

検査内容によって名古屋市が負担する金額が異なります。

第1回(18,890円)

一般診査[診察・血圧測定・尿科学検査(糖、たん白)・血色素検査]、梅毒血清反応検査、HBs抗原検査、HCV抗体検査、風疹ウイルス抗体検査、HIV抗体検査、血液型検査(ABO血液型、Rh血液型、不規則抗体)、血糖検査、超音波検査

第2回、3回、5回、9回、10回、12回から14回(各4,550円)  

基本診査(診察・血圧・尿検査等)

第4回、6回、11回(各9,850円)

一般診査[診察・血圧測定・尿科学検査(糖、たん白)・血色素検査]、超音波検査

第7回(8,390円)

一般診査[診察・血圧測定・尿科学検査(糖、たん白)・血色素検査]、血糖検査(後期)、ヒト白血病ウイルス‐1型抗体検査

第8回(9,850円)

一般診査[診察・血圧測定・尿科学検査(糖、たん白)・血色素検査]、B群溶血性レンサ球菌検査、性器クラミジア検査
 

名古屋市の妊婦健診の費用については、公式サイトを確認してください。

妊娠中の保健指導と健康診査(名古屋市の公式サイト)