「赤ちゃんを寝かせるのはベビーベッド」と誰もが思いますが、ママとパパが寝る場所や部屋の環境によって、それぞれメリットとデメリットがあります。

ベビーベッドが必要な人と必要ない人

「赤ちゃんはベビーベッドに寝かせるもの」というイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

「ベビーベッドが必要かどうか?」を判断する大きなポイントは「ママとパパがベッドで寝るタイプか?布団で寝るタイプか?」です。

布団で寝るタイプのママが、ベビーベッドで寝ている赤ちゃんのお世話をするのはちょっと大変です。

夜泣きのたびに起き上がらなければならず、何度も繰り返しているうちに面倒になってきて、「自分の隣に赤ちゃんの布団を置いて一緒に寝よう」となりかねません。

ベッドで寝るタイプのママの場合は、ベビーベッドが同じ高さにあるため、赤ちゃんのお世話がしやすく、いろいろなメリットがあります。
 

ベビーベッドのメリット

ベビーベッドにはたくさんのメリットがあります。

ダニやほこりから赤ちゃんを守る

ダニやほこりが舞い散りやすい床下30cmぐらいを避けることができます。

冷たい空気から守る

冬の冷たい空気、クーラーの冷たい空気は下に溜まります。

兄弟から守る

小さな兄弟がいる場合、いたずら防止になります。

ペットから守る

犬や猫が触れるのを防止できます。

少し目を離しても安心

料理中やお客さんが来たときにもベビーベッドの柵をしておけば安心です。

通気性がいい

赤ちゃんが寝る場所は高くなっていますので通気性に優れています。

赤ちゃん用品が収納できる

ベッドの下にスペースがあるため、着替えやオムツなどを置けます。

1人で寝られる子になる

常に布団で赤ちゃんと寝ていると、1人で寝かせられなくなってしまうことがあります。

赤ちゃんの怪我や窒息防止

布団で寝るタイプのママとパパが、隣に赤ちゃんをベビー用の布団で寝かせる場合、ママとパパの寝返りや寝相の悪さで赤ちゃんに怪我や窒息をさせてしまうことがあります。

腰痛持ちのママとパパは楽

ママとパパが立った状態でオムツを交換できますので、腰に負担が少なくなります。
 

ベビーベッドのデメリット

ベビーベッドを活用できないと邪魔なものになってしまいます。

置き場所が必要

ベビーベッドは場所を取りますので、スペースがないと厳しいです。使わなくなったら処分するのにも手間がかかります。

組み立てが大変

説明書を見ながら少しずつ組み立てる必要がありますので、苦手な人には面倒です。

物置になる可能性がある

赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれないと赤ちゃん用品を置く場所になってしまいます。

お金がかかる

一般的なベビーベッドは、1万円~2万円ぐらいかかります。