車に乗っているときに赤ちゃんの命を守るチャイルドシート。

赤ちゃんの年齢に応じてベビーシート、ジュニアシートとも言います。

選び方、購入方法、人気ランキングを参考にしながらチャイルドシートを購入してください。

チャイルドシートの海外ブランド

海外にたくさんのチャイルドシートのブランドがありますが、日本で人気があるブランドは限られています。

2012年7月より、ヨーロッパの統一規格である「ECE規則44号」が、日本で採用されてからはアメリカの安全基準では販売できなくなりました。

そのため海外のチャイルドシートと言えばヨーロッパブランドとなりましたが、アメリカブランドもヨーロッパの安全基準に基づいて販売しているため、アメリカブランドも見られるようになってきました。

ドイツの「ROMER(レーマー)」と「Recaro(レカロ)」、オランダの「Maxi-Cosi(マキシコシ)」、アメリカの「GRACO(グレコ)」が有名です。

実際にチャイルドシートを使用している人の意見や感想

国内ブランド」と同じように、楽天とAmazon(アマゾン)のレビュー(意見や感想)で「実際にチャイルドシートを使っている人」の意見を参考にしてください。

楽天やAmazon(アマゾン)では、お店で購入するよりもかなり安く(数万円も)なりますので、お店でチェックして同じチャイルドシートを楽天やAmazon(アマゾン)で購入するとお得です。
 

ROMER(レーマー)のチャイルドシート

国:ドイツ

ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルベビー、ジョージ王子が乗っていたチャイルドシートのブランドです。

欧州では人気があるブランドですが、このニュースをきっかけに日本でも一躍有名になりました。

使われていたのはベビーキャリアにもなる「レーマー・ベビーセーフ・プレミアSHR2」です。

レーマー・ベビーセーフ・プレミアSHR

楽天

ROMER(レーマー)のチャイルドシートをタイプ別に「感想の件数が多い」順でご紹介します。

乳幼児・幼児の兼用チャイルドシート

学童チャイルドシート(ジュニアシート)

チャイルドシート全体

Amazon(アマゾン)

ROMER(レーマー)のチャイルドシートを「人気度」順でご紹介します。

チャイルドシート全体

Recaro(レカロ)のチャイルドシート

国:ドイツ

Recaro(レカロ)のチャイルドシート

楽天

Recaro(レカロ)のチャイルドシートをタイプ別に「感想の件数が多い」順でご紹介します。

乳幼児・幼児の兼用チャイルドシート

学童チャイルドシート(ジュニアシート)

チャイルドシート全体

Amazon(アマゾン)

Recaro(レカロ)のチャイルドシートを「人気度」順でご紹介します。

チャイルドシート全体
 

Maxi-Cosi(マキシコシ)のチャイルドシート

国:オランダ

Maxi-Cosi(マキシコシ)のチャイルドシート

楽天

Maxi-Cosi(マキシコシ)のチャイルドシートをタイプ別に「感想の件数が多い」順でご紹介します。

乳幼児・幼児の兼用チャイルドシート

学童チャイルドシート(ジュニアシート)

チャイルドシート全体

Amazon(アマゾン)

Maxi-Cosi(マキシコシ)のチャイルドシートを「人気度」順でご紹介します。

チャイルドシート全体

GRACO(グレコ)のチャイルドシート

国:アメリカ

GRACO(グレコ)のチャイルドシート

楽天

GRACO(グレコ)のチャイルドシートをタイプ別に「感想の件数が多い」順でご紹介します。

乳幼児・幼児の兼用チャイルドシート

学童チャイルドシート(ジュニアシート)

チャイルドシート全体

Amazon(アマゾン)

GRACO(グレコ)のチャイルドシートを「人気度」順でご紹介します。

チャイルドシート全体